更年期障害を緩和するプラセンタ

更年期障害を緩和する

最近では、20~30代でも頭痛やめまい、肩こり、頻尿などの
更年期障害の様々な症状に悩む女性が増えてきています。

そして、更年期障害にはヒトの胎盤エキスから抽出したプラセンタが非常に有効であることが分かっています。

更年期障害とは、女性ホルモンの不足によって起こる女性の病気で、
症状は身体的・精神的の両方に影響を及ぼす総合的疾患です。

そこで、プラセンタの持つホルモンバランスを促進・調節する作用を利用します。

定期的にプラセンタを投与することで、女性ホルモン不足が原因で起こる
諸症状を緩和させることが可能となるのです。

また、内分泌調整作用によって、生理とホルモン分泌の変化から、
精神的に不安定になったりする症状も緩和することが可能になります。

ホルモンバランスが正常化され、精神の安定化につながります。

実際、病院で更年期障害の治療にプラセンタを推奨する所も増えています。