馬プラセンタについて

馬プラセンタについて

プラセンタは、植物性と動物性のふたつに分かれます。

動物性プラセンタには哺乳類の胎盤が使われますが、人間を除いた中で注目を集めているのが馬プラセンタです。

馬由来のプラセンタは他の動物性プラセンタ比べると、豚以上の効果を持つといわれています。

まず馬プラセンタはアミノ酸含有量が多く、かつ豚には含まれていない6種の必須アミノ酸が含まれています。

医療用ではヒトの胎盤を使っていますが、化粧品では他の哺乳類の胎盤を使うことがほとんどです。

近年のBSEもあり、牛の需要は無くなり、化粧品・美容健康において馬の胎盤が台頭してきたというわけです。

このプラセンタ、日本では50年も前から更年期障害や乳汁分泌不全、肝機能障害の治療に使われてきました。

自然でのびのびと育った健康な馬の胎盤なら効き目もありそうですし、一度試してみる価値はありそうです。