プラセンタ注射・点滴の安全性と副作用について

人気のプラセンタ商品TOP5のランキングはこちら

プラセンタ注射の安全性

プラセンタ注射は、安全の保証されている美容(美肌・美白)治療です。

注射と聞くと副作用を心配する人も多いようですが、かつて副作用で問題になったことはほとんどありません。

実はプラセンタの歴史は古く、日本で50年も前から治療に使われていたのです。

当時は美容目的ではなく、体質改善、肝機能の改善、疲労回復、更年期障害の為に使われることがほとんどでした。

美容に効果があることが分かったのは、ごく最近です。

プラセンタは、製造の段階で感染の対策を徹底的に行います。

原料となる胎盤の完成状況を確認するだけでなく、完成商品の品質チェックも通常の医薬品と同等かそれ以上です。

とは言え、心配になるのが胎盤には血液やホルモンも豊富に含まれているということ。

生物由来の製剤には常にその心配がつきまといます。しかし心配無用。

それらは製造過程で100%除去できることが保証されています

ですから、プラセンタの注射や点滴などに血液やホルモンが含まれていることは絶対にありえないと言えます。

このような徹底した品質保証に基づいているため、副作用が出ないということが言えるわけですし、
事実、これまで甚大な副作用が報告されたこともないのです。

プラセンタの副作用

美容や医療で人気を集めるプラセンタ、その人気の要因のひとつには、安全性にあります。

しかし、副作用をほとんど認めないというプラセンタでもごく僅かな人に副作用を及ぼす可能性があるそうです。

その原因には、主にアレルギー反応によるものと考えられています。

ごく一部の人にプラセンタを注射した箇所の痒みや腕が重く感じる、などの症状が認められるのは事実のようです。

ただし、このような副作用はほとんどが半日くらいでおさまりますし、甚大なものではありません。

副作用を及ぼす人が少ない理由はプラセンタが胎盤から抽出された自然由来の物質で、
様々な成分からできているバランスのとれた物質であるからです。

プラセンタはアクセルとブレーキの両方が付いていて、バランスの良い状態になるよう、
自動的にコントロールするような効き目を持ちます。

こういったことから、副作用を起こすことはほとんどないのですが、治療の前には必ず相談しましょう。

プラセンタは厚生労働省認可

プラセンタ厚生労働省の認可を受けた、効果の約束された治療として有名です。

プラセンタは胎盤から抽出されているため、その安全性についてよく疑問がもたれることがありますが、
昭和30年代より多くの方に使用されているにも関わらず、副作用は軽微です。

これこそ、厚生労働省が認可した実績と言えるでしょう。

製造においても、原料の胎盤は厚生省の指定する以上の加熱処理を行て、
完全に精製することで医療の現場に提供されています。

当然ですが、エイズや肝炎などのウィルス感染、細菌感染などに関しての感染履歴のある胎盤は使用していません。

プラセンタエキスの注射をすると、細胞の分裂速度が速まり、
全身の組織、臓器、肌などの部位を若返らせる効果が発揮されます。

この若返り治療こそ、近年プラセンタの注目されている効果なのです。

プラセンタによる感染

プラセンタの感染と言えば、ヤコブ病の騒動が有名です。

2006年8月、厚生労働省はヤコブ病対策として「化粧品、健康食品、内服薬等は含まず、献血の制限措置は人の胎盤から抽出した注射薬のみを対象に、プラセンタ治療を受けた経験がある人の献血を禁止」と発表しました。

ヤコブ病とはかつて普通の生活を送っていた人が、めまいや立ち眩みを感じるところから始まり、いずれ目や耳が不自由になり、短期間のうちに症状が進行し、痴呆状態になり死に至る、医学では治療法がないとされている病気です。

この騒動で問題となっているのは、「人間の胎盤から作られた物だということ」であり、輸血禁止処置は、BSEが人間に感染したとされる「変異型ヤコブ病」の輸血感染を防ぐ措置の一環、というのが厚生労働省の言い分です。

しかし、人間のプラセンタ注射によってヤコブ病になった感染例はありません。あくまでも「念のため」ということですから、プラセンタ製剤によって感染するリスクが高いということでもなく、ヤコブ病になった人も当然存在しません。

厚生労働省が発表すると、何でも真実であるかのように思えますし、
マスメディアが誇大化して報道することで、本来安全なものが危険になってしまうとがあります。

くれぐれも踊らされることのないよう、本質を見極めてプラセンタを使って下さい。

プラセンタ注射が人気の理由

プラセンタ注射が注目される理由は、なんといってもその手軽さと効果です。

医療用医薬品としては、肝炎や肝硬変・胃・胃潰瘍・更年期障害・乳汁分泌不全・
アレルギー性疾患・慢性肝疾患・十二指腸潰瘍・急性歯肉炎・辺緑性歯周炎などに用いられています。

現在行われているプラセンタによる治療法の元祖は、昭和20年代に旧ソ連や中国を経て伝わったと言われています。

当時は胎盤埋没法という方法が取られていました。

患部に麻酔をかけて皮膚を切開し、胎盤を埋め込み縫合するといものですが、
これは患者の負担も多く、感染の危険もあります。

そこで、埋没法に変わって現れたのが注射や点滴です。

注射・点滴は埋没法に比べ、手軽で安価・安全な方法です。

それに患者への負担がほとんどなく、効果も全く変わりません。

美肌のために手術はちょっと・・・という人でも、注射や点滴ならば
気軽に受けられるというのが人気の秘密と言えそうです。

気になる値段ですが、プラセンタ注射1回で2000~4000円程度。

実際の治療では、プラセンタの抽出エキスを1回2アンプル、皮下に注射します。

通常なら週1回が目安です。点滴では1時間程度の時間がかかり、費用も倍ですが、効果は注射を上回ります。